昨日と今日見た映画

最近韓国ドラマも切らしてる(?)ので、暇です。

お出かけもあまり予定がないので、暇です。

暇なんで、チングから借りてた映画でも見るかぁ~~~~061.gif

『約束』 (国境の南側) 
韓国映画
脱北者の男性が、家族と韓国で暮らすうちに、残してきた恋人を諦めて結婚してしまうんだけど、
数年後に恋人も脱北して再会するお話。
結局彼女は去り、妻との間に生まれた娘の1歳の誕生祝い(トルジャンチ)を迎えます。

借りてたDVDが不調で、ここまでしか見れませんでした。
このあとどうなってしまうんだろう・・・・知ってる方いたら、教えて~040.gif

『ダーク・ナイト』 バッドマンシリーズ6作目
クリスチャン・ベールでは 『バッドマン・ビギンズ』 に引き続き2作目。
なんとジョーカー役は ヒース・レンジャー だったのね。
彼はこの映画が上映される前に亡くなりましたよね、結局 アカデミー助演男優賞を死後受賞 したそうです。実力のある俳優でしたよね、これまでの出演作見てますが、どれもいいです。

この映画の続き、もちろんあるでしょうね。次のジョーカーは誰が演るのかしら。


『ジャンパー』 2008年アメリカ
世界中のどこへでもテレポートできる“ジャンパー”と、
そんな彼の抹殺を使命とする謎の組織の攻防がかなりすごいです。
主演は『スター・ウォーズ』でアナキン・スカイウォーカーを演じてたヘイデン・クリステンセン。
謎の組織には、何故か5歳の時に家を出た母(ダイアン・レイン)がいたり、凄腕の殺し屋(サミュエル・L・ジャクソン)がいたり。
テレポートシーンがなかなか見応えあって面白かったかな。


『俺は君のためにこそ、死にに行く』 2007年日本
第二次大戦末期、特攻隊基地のあった鹿児島県で隊員たちと交流を持った女性の体験をドラマ化した感動巨編。製作総指揮は東京都知事で作家の石原慎太郎。隊員から母のように慕われた鳥濱トメ本人の口から若者たちの真の姿を聞かされた石原が自ら脚本を書き上げた。特攻隊員役に徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆らが挑むほか、トメ役には大女優の岸惠子がふんする。出撃前の隊員たちの測り知れない苦悩や衝撃的な特攻シーンに言葉を失う(yahoo映画より)

140分の長い映画です。
特攻隊員の若者たちの姿や送り出す家族・食堂のおばちゃんの姿に泣かされます。
見ている間、何度涙を拭ったことか・・・・息子を戦争に取られる母の気持ちが少し分かった気がして。
[PR]
by yukidarumajp | 2009-12-06 17:59 | 映画 | Comments(0)

自分らしく楽しくをモットーに、エネルギーのほとんどを趣味に費やしてるのんき者です。


by midotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28