2018 欧州旅行 ⑨ 7日目 ロマンチック街道の終点 バイエルン・ホーエンシュバンガウ

ドイツ南部のバイエルン州のシュバンガウはのどかな街。
ホテルやペンション・お店も民家もとってもロマンチックな造り。
少女に戻ってワクワクを抑えきれないよ!
さあ、シンデレラ城、行くよ~♪

小雨の中、シャトルバスでお城の近くまで登り、マリエン橋へ。
f0055380_17435099.jpg
ここからの眺めが一番美しい。
f0055380_17435448.jpg
今回の旅行の目玉でもある ノイシュバンシュタイン城 観光。

バイエルン王 ルートビッヒ2世が
自分のロマンチック趣味のためだけに立てたお城なのだ。
ほんと、その名の通り 白鳥 のようなプロポーション。
f0055380_17435930.jpg
近くには彼の父が所有していた ホーエンシュバンガウ城も見える。
子供のころは彼もここに住んでたのね。

f0055380_17440298.jpg
ノイシュバンシュタイン城からマリエン橋はこんな風に見える。


f0055380_17441172.jpg
壮麗な石造りのお城に見えるけど、
実は鉄骨組みのコンクリートおよびモルタル製で、
装飾過多であり、耐候性や耐久性も低かったそう。
f0055380_17441408.jpg
チケットに指定された時間にしか入場できないので、
順番を待っている人が屋根のある場所にごった返していた。


入場後撮影はNGなので、場内の写真はなし。
一言でいえばロマンチック趣味てんこ盛り。
あちこちに白鳥のモチーフの装飾品や置物。
リスペクトしていたワーグナーのための洞窟や舞台。

少女に戻った女子の皆様はとっても感激!


f0055380_17442149.jpg
ゲートを出てショップ付近、ここからはやっとカメラを取り出せた。
f0055380_17441874.jpg
f0055380_17442433.jpg
こんな雨の日は、お馬さんたちも馬車が重くなって重労働なんじゃないかな。

街のレストランでランチ、免税店でお買い物。
ここはゾーリンゲンの刃物やお鍋がお買い得とか。
手は出なかったけど・・・・


続くよ。

[PR]
by yukidarumajp | 2018-09-13 18:10 | 2018フランス・スイス・ドイツ+α旅行 | Comments(0)

自分らしく楽しくをモットーに、エネルギーのほとんどを趣味に費やしてるのんき者です。


by midotan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31