人気ブログランキング |

2019 カナダ・アメリカ旅行② 3日目ラスベガスからペイジへ

トロント空港からラスベガス・マッカラン国際空港に到着。
空港について驚いたのは、搭乗口付近あちらこちらに
スロットマシーンがたくさん備え付けられていること。
搭乗ぎりぎりまでゲームをしてお金を使ってほしい!という趣旨。
f0055380_12525335.jpg
空港から15分ほどでラスベガスの宿泊ホテル・
サーカス・サーカスに到着。
f0055380_12523977.jpg
f0055380_12524748.jpg
到着時間が遅かったこととホテル街の端の方にあるため、
有名なホテルの見学やショーを見ることはできなかった。
ちょっと残念!
ホテル内はビックリするくらい広く、カジノも充実。
カジノとホテルの外を少し見て回る程度で部屋に戻った。
f0055380_12524295.jpg


3日目、ネバダ州ラスベガスを出発し、ひたすら砂漠を東へ走る。
国立公園が密集するグランドサークルを目指す。
f0055380_12530116.jpg
どこまで行っても低いブッシュと岩山が続く。
アリゾナ州へ入り、5時間半のドライブでペイジへ。

ネイティブアメリカンのナバホ族居留地にある渓谷で
褐色の砂岩が雨水により長い年月をかけて浸食され、
見事な 水の流れの芸術 を生み出している。

↓のジープでキャニオンツアーに参加することができる。
f0055380_12531851.jpg
↓アッパー・アンテロープキャニオンの入り口。
f0055380_12532113.jpg
幻想的な自然の芸術が、次々と現われる。
f0055380_12532538.jpg
f0055380_12560401.jpg
f0055380_12560702.jpg
微粒子の砂が少しずつ落ちてくる。
f0055380_12562831.jpg
f0055380_14225613.jpg
ビューポイントには様々な名前が付けられているようだ。
鎮座する大熊や大統領(?)の顔など。
↓は、龍の目
f0055380_12562689.jpg
ナバホ族のベテランガイドのアーウィンさんがグループをエスコート。
最後に尺八のような音色の縦笛でナバホ族の民謡を演奏してくれた。
f0055380_12560988.jpg
↓レイク・パウエル
f0055380_00181182.jpg
その後、北に向かって2時間半ほど走り、
ユタ州の モニュメントバレーに到着。
褐色の砂岩に囲まれた、ナバホ族の居留地だ。
マカロニウエスタン(映画)で見たことがある光景が広がる。

グールディングス・ロッジに宿泊。
満天の星空と感動の日の出に出会えた。

続く。


by yukidarumajp | 2019-05-09 13:00 | 2019 カナダ・アメリカ旅行 | Comments(0)

自分らしく楽しくをモットーに、エネルギーのほとんどを趣味に費やしてるのんき者です。


by midotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30